新築の不動産物件では内覧会の同行サービスを

新築の不動産物件を購入すると、入居前に必ず内覧会があります。完成済みの建売住宅の場合はないこともありますが、要求すれば実施してもらえることが多いでしょう。入居前の最終チェックの場ですので、実施してもらえるよう依頼することをおすすめします。 内覧会では、内装や設備が依頼したものになっているか、キズや汚れがないかなどをチェックします。素人がチェックできるのはその程度です。しかし新築の不動産物件で、パッと見て分かるようなキズや汚れがあることなど滅多にありません。クロスの色やフローリングの素材が間違っていることは稀にはありますので、そういう意味では実施する意味がありますが、素人だけで行く場合、内覧会の意味はそれだけにとどまってしまいます。 しかし内覧会同行サービスを依頼すれば、素人ではできないようなチェックをしてもらえます。設計図面と照合し、図面どおりに出来上がっているかどうか、施工不良がないかどうかなどがプロの目で確認されます。 最近は、こういった内覧会同行サービスを利用する人が増えています。施工会社とつながりのない第三者機関を利用するのが鉄則です。施工会社が同行サービスの業者を紹介してくることがありますが、そのような息のかかった業者を選んではいけません。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の契約で欠かせない重要事項説明.