不動産物件の契約で欠かせない重要事項説明

不動産物件に関する契約では、重要事項説明が行われることが、宅地建物取引業法によって義務付けられています。賃貸物件の契約でも行われますので、ご存知の方も多いことでしょう。マイホームを購入する際にも、当然重要事項説明が行われることになります。説明は宅地建物取引主任者の資格を持つ者によって行われなければなりません。 賃貸でも重要ですが、不動産物件の購入となるとそれ以上に重要です。名前の通り、重要な事項について契約前に説明を受けることであり、不明点がある場合は契約にサインしてはいけません。通常は、事前に説明を受けて、納得してから契約となりますが、実際には契約と同日に行われることが多くなっています。重要事項を読み上げ、その場で契約書にサインする、という流れです。これは売主にとっては都合が良いかもしれませんが、買う側にしてみれば必ずしも賢明とはいえません。読み上げられただけでは分からないことも多いはずですが、その場で質問もしにくいからです。 できれば事前に契約書も含めて一式をコピーして受け取り、時間をかけて読むことをおすすめします。これを拒否するような売主ならはっきり言って信用なりません。買主として当然の権利ですので、遠慮せずに主張すると良いです。

佐賀 不動産をサポート致します。 3094

新しく土地を買って空港を作る

空港を作るときにおいては、乗り入れをする飛行機の種類に応じたものにする必要があります。ジェット機などを予定するときにおいては、離着陸に余裕がある滑走路を作ることが求められます。また、ジェット機でも条件によっては必要な滑走路の長さが異なるため場合によっては長い距離が要ります。それゆえ、そのための長さの滑走路を作ることができる土地を用意することが必要となるケースが生じます。 もともと存在する空港において、ジェット機などの乗り入れの事情から別の土地に新しい空港を建設するということがあります。別の場所に空港を作ることによって、ジェット機の乗り入れが可能になるということがあるからです。また、もともとある空港の地形的条件から別の場所に建設をするという理由も存在しています。つまり、その土地の条件が他所の場所への空港建設に影響を与えているという側面があると言えます。他にも、両者における理由によって他の土地に新しい空港を作るという場合もあります。 このように、土地という要素によって新しく空港が建設されるというケースが存在しています。すなわち、土地が別の場所への空港建設という事態を発生させるということが存在しています。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の契約で欠かせない重要事項説明.